本文へ移動

事業概要

事業案内

 
 
当社では順送金型・単発金型の精密プレス金型を設計から製造までを一貫しておこなっております。(コネクター・スイッチ・自動車部品など)
プレス金型業界は、常に「短納期、高品質、低価格」が叫ばれており、自社もこの要求に対応すべく日々努力して社員一人一人が常に物作りに対してチャレンジ精神と信頼関係(顧客・社員)を構築する様に取り組んでおります。

金型 die assembly

顧客から送られてきた製品図面をもとにどのような金型を造るかCAD/CAMにより金型図面の設計及び加工データの作成、自社の金型は自社内で一貫して製作、長年蓄積したプレス金型のノウハウを生かした高い技術力で常に製品の精度、生産性、メンテナンス性そしてお客様に対する高い品質と短納期を常に視野に入れながらプレス金型の設計、製作に取り組んでおります。

・アイデアを具体化し固定化したものが、要素技術であり金型となる
・アイデアがどんどん出てくる社内風土、個人のフィールドが広いこと
・個人の技術でなく会社全体の技術とするため欠落技術の早期補完のための技術管理
 ・技術者のプロとしてのしつけ、意識づけ

製造 fabrication

安い労働力を背景に、高い技術力までも習得しつつある海外新興勢に対し、日本のプレス金型技術が如何に差別化して行くかが大変重要な課題となっています。
このような現状に日本が対抗するための一つの手段として、プレス回転数を高速にし、時間当たりの生産量を出来得る限り向上させることが挙げられます。
これらの製品は比較的、打ち抜き工程が多用されまた、生産ピン数も他のプレス金型製品と比べ多いため、プレス回転数の高速化による生産率の向上が大きな課題となっています。
金型製作後、試作トライ、量産までを精密プレス加工し、ユーザーからの多種なニーズにお応えし、各種のプレス機を用いて順送金型・単発金型加工などの製品、製造をしています。
品質は工程内で自社確認し、高品質・高信頼性を実現するために取り組んでいます。
 

品質 quality

『お客様の立場に立ち』品質基準に基づいた検査はもちろん製品出荷時も徹底的にチェックしています。
品質活動を効果的に進めるために、具体的な到達点と問題解決方策を明示した品質目標を定めます。品質目標を共有し、それぞれの職務に於ける品質責任を明確化し、一致協力して品質管理活動に取り組みます。

各部門では、『少ない資源でお客様に満足していただける製品作り』を認識した品質保証に取り組んでおります。

株式会社三幸精密
〒409-0112
山梨県上野原市上野原8205
TEL.0554-63-3535
 FAX.0554-63-3656


精密プレス金型

設計製作・治工具

各種精密プレス加工(コネクター部品、スイッチ部品、自動車部品など)

0
0
0
7
6
4
TOPへ戻る